フリーランス必見!やる気が出ない/集中できない時の対処法21選
Pocket

こんにちは!ナッツ(@nutslog)です。

ナッツ
今日マジでやる気でねえ。。。平日だから会社員の人たちは必死で働いているのに、今日おれ何も仕事進んでねえ(汗)

フリーランスの方や、副業でも個人で商売をしたことがある方は、このような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

少なからず、ぼくはフリーランスになって半年くらいですが、やる気がでない時がメチャクチャあります

  • いつの間にかYoutubeを2時間見てて自己嫌悪に陥る
  • カフェに5時間いるけど、Twitterばっか見てほぼ仕事してない
  • 集中できないから、カフェを移動しまっくてるけど、結果意味なし
  • 家に帰っても、ダラダラしてるうちに夜になる

こんな現象がよく起こってしまい困ってます(笑)

でも、そんなぼくでも、日々自分と向き合って、いろんな方法で自分のモチベーションを管理してくと、「このやり方はよかった。これは全然ダメだったな〜」といった風にデータがたまり、効果的な自己管理方法も見えてきたりもしました。

フリーランスとして、自己管理に苦しんでいるぼくだからこそ書ける『やる気が出ない』時の対処法をまとめてみたいと思います。

ぼくの対処法は参考までに!やる気の出し方は人それぞれだから

具体的な『やる気の出し方』を紹介する前に、大切な考え方をお伝えしておきます。

それは、「やる気の出し方は人それぞれ」ということです。

上記の「やる気」が出る心理学にその理由が詳しく解説されています。

著者いわく「やる気の出し方に正解はない。なぜなら、人や状況によって変わるものだから。そのため、科学や誰かの意見を盲信するのは危険。それらを参考にしつつ、自分なりの正解を見つけることが大切」とのことです。

そのため、今回の記事についてもあくまで参考として、ご自身でいろいろと試してみながら、ベストな対処法を見つけてもらえればと思います。

では、具体的に紹介していきます!

①移動する・場所を変える

ぼくは、集中力がない時ほど、気分を変えるために移動します。

カフェ⇒ファミレス⇒自宅⇒カフェ

といった具合に。多い時では、1日5回くらいお店を変えてみます。

特に、自宅で仕事をしていて集中できない時なんかは、誰も見ていないことをいい事に、どツボにハマってしまうので、少し手間でも外に出てカフェに入ると気分をリセットできたりします

②運動する

運動でリフレッシュできる人は多いはず。

ぼくは、ハードな運動は最近していないですが、天気のいい日にはよく散歩をしてます。

日光を浴びると、幸せホルモンの『セロトニン』が分泌され、気分が安定すると言われていますね。

また、一時期、仕事の合間に筋トレしてた時期もありますが、筋トレも良い気分転換になりますね!

③仮眠をとる・昼寝する

仮眠は、脳を休めるのに最高の方法です。

昼食後の15~20分の仮眠で、頭がすっきりした経験がある人も多いでしょう。

最近では、社員の脳を休めるために、仮眠を推奨していて『仮眠室』を設けたり、昼食後の仮眠時間を設けている会社もいあるみたいですね。

ただし、日中の30分以上の仮眠は、脳の働きを鈍化させたり、夜の眠りの質の低下につながるので、寝すぎは厳禁です。

机にうつ伏せたりするくらいで、タイマーをかけるなど、20分前後で起きれる仕組みは作っておきましょう。

 

ただし、お酒の飲み過ぎなどで寝不足な状態で目覚めてしまっていたりと、どうしても睡眠不足な場合には、60~90分間寝ると、脳の機能が復活します。

④部屋の掃除をする

これメチャクチャ効果的です。

よく「部屋の乱れは、頭の中の乱れ」とは言いますが、その通りだと感じています。

大抵、冷静じゃない時ほど、部屋が汚いです。

「全然仕事進まね〜」って時に、思い切って部屋の掃除をすると、そのあとスッキリした状態で仕事を再開できますよ!

⑤姿勢を正す(背筋を伸ばす)

集中力ない時ほど、ダラ〜っとしていまい姿勢が悪くなりがちです。

そんな時に背筋をピッと伸ばすと、仕事モードに少し気持ちが戻りますね

⑥ガム・アメ・お菓子などを用意する

ガムを噛むスポーツ選手は多いですが、噛むことで脳が刺激されて、集中しやすくなるからです。

口さみしい時は、ガム・アメ・お菓子などで気持ちを楽にしましょう。

⑦仕事内容を変える

ぼくは、現在ライターとしての仕事メインですが、その中でもヘビーな記事から、ライトな記事までいろいろとこなしています。

やる気のでない時に重めも仕事はやっぱりしんどい。。そんな時は、ライトな仕事に変えたり、時間で区切って気分転換に仕事内容をコロコロと変えています

頭を使わない “作業感” の強いタスクほど、集中できない時でもやれますね。ぼくはそんな時、XJAPAN とか聞きながら、なんとか手を動かすようにしてます(笑)

 

それでも「今日まじで記事書けねえ・・・」という時は、今回のように『フリーランス やる気でない』という、その状況すらネタにしてブログを書くようにしてます(笑)

ブログは、ある程度書きたいこと書けるので、一番楽しく取り組めます。

自分がぶち当たってる問題をブログネタにして、それに関するインプット・アウトプットができたら、一石二鳥ですよね(笑)

⑧仕事内容を細分化して締め切りをつくる

仕事がいくつも平行して動いている時には、なるべくひとつの仕事をしている時に、他のことを考えないように、まず徹底的にタスクを細分化します。

そして【todoリスト】化して、そこに締め切りを設けると、「この計画で進めれば問題ない」という風に思えるので、未来の不安が薄れて、今の仕事に集中しやすくなります。

もちろん、いつも順調に計画通りに進む訳ではないのですが(汗)、仕事内容を細分化して、todoリストにまとめると、頭の中が整理されて、冷静になれますね!

⑨音楽を聞きながら仕事する

集中できない、やる気がでない時ほど、好きな音楽を聞きながらだと手を動かせたりします。

考えるような仕事をしている時に音楽は向かないですが、『作業系』の仕事の場合、音楽を聞くと集中できたりします

⑩睡眠時間を確保する

やる気が上がらない原因が、慢性的な睡眠不足から来ている可能性は高いです。

フリーランスであれば、会社員以上に、睡眠時間を確保できると思うので、1度思い切ってたくさん寝てみると、日中の生産性がグッとあがる可能性があります。

⑪食生活を見直す

やる気がでない時は、日々の食生活が乱れていることが影響している可能性があります。

  • 栄養不足
  • 食べ過ぎ

などが原因で、やる気が出ていないかもしれません。

例えば、おにぎりやパンでお腹を満たしても、カロリーは多いですが、栄養は偏っている訳です。現代人は、炭水化物(糖質)ばかり食べていると言われています。

また、食べ過ぎも集中できない原因になりやすいです。

食後は眠くなると思いますが、理由は、血液が消化に使われて、脳にまわらなくなるからですね。

野菜や果物などの、消化負担の少ないご飯を心がけると、日々の集中力はあがりやすいです。

また、そもそも「現代人は食べ過ぎ」と言われているので、断食や少食を実践してみると、仕事にも良い影響をもたらすでしょう。

⑫自己啓発系の動画を Youtube で2倍速で見る

これかなりオススメです。カフェについたけど、なんとなくやる気が出ない…。

ぼくは、怠け者なのでしょっちゅうこんな状態に陥ります(泣)

そんな時は、Youtube で好きな自己啓発系の動画を2倍速で見ると、どんどん気持ちがシャキッとしてきます。

別に気になるニュースとかでもいいと思いますが、とにかく倍速再生は、脳を起こしてくれるので、ダラダラしちゃう時とかに効果的です!

⑬今日は諦めて、早く寝る

これは会社員時代によくやっていました。

夜遅くなると、もう脳みそが機能しなくなるので、早めに帰って22時くらいには寝る。

それで次の日5時には起きて、6時前から仕事をする、といった具合です。

⑭思い切って休む・好きなことをやる

ナッツ
ダメだ。このままダラダラ仕事してても、集中してる時の10分の1程度の生産性しかあげられねえ

なんて時は、「いっそ好きな映画でも見よ〜」って休んじゃいます。

そして、映画を見終わった頃には、ストレスも発散できて、「休んじゃった!」といういい焦りもでますので、その後集中して仕事に取り組めます。

⑮ニンジンをぶらさげる

「今日やることは、“コレ” と “コレ” だけ!」

それ終わったら、「友達と飲み行く!」とか「映画見る!」という風に、ニンジン(ご褒美)を自分で作ってぶら下げることで、ひと踏ん張りできたりもします

⑯夢や目標を紙に書き出す

仕事のモチベーションが湧かない時には、将来の夢や目標をメモに書き出したりすると、やる気が出たりしますね。

ダラダラしてしまう時には、よく夢や目標を書いたメモを読み返したり、また書いたりしてます。そうすると、いつの間にかポジティブな気持ちになれるんです!

⑰実績を出しているライバルを思い浮かべる

例えば、ブログ業界であれば、同世代の活躍しているブロガーさんが、よく『○月成果報告!』といった記事を月初に書いたりするものです。

そのような記事を読むと、、、

ナッツ
まじか。。。自分の好きな仕事だけで、今のおれの半年分くらいの売上を一ヶ月で出してんじゃん。しかも、タメだし。つれ〜、、、

ってゆう悲壮感に包まれますが、反骨心の強い人には、いい起爆剤になると思うので、オススメです!

⑱実績を出している人と交流する

『やる気の出ない日に、すぐにできるようなこと』ではないですが、普段からモチベーションの高い人や、実績を出している人と直接交流しておくのは、長期的にモチベーションを高める上で絶対大切です。

よく「普段接している10人の平均年収が、あなたの将来の年収だ」なんて言いますが、ようするに、普段接している人の影響を無意識にかなり受けているということです。

 

ぼくがブログを頑張ろうと思ったきっかけは、ブログだけでかなりの額を稼いでいた友人が何人もいたからです。

その事実を知っていれば、「ブログを続ければ絶対に成果はでる!」と信じることができて、挫折せずに、努力を継続できるように思います。

SNS やブログを通じて、活躍している人とオンライン上で交流できなくもないですが、やはり心底自分を信じこますためにも、リアルでの交流が重要です。

  • セミナー
  • オフ会
  • オンラインサロン

などで会えます。会いたい人や、同業で活躍している人を SNS でフォローしておけば、何かしたらで会える機会を得られたりします。

ちなみに、20代のブロガー向けのオンラインサロンあれば、ぼくも所属している『ヤるサロン』はオススメです。

サロンオーナーは、ブログ業界では有名な、るってぃとあんちゃ。彼らや、その界隈のブロガーさんたちと交流できるのは、日々のモチベーションを高める上で、とてもプラスですね。

⑲仲間と一緒に作業する

フリーランスは、会社員と違い孤独に感じることが多いと思うので、先ほど紹介したオンラインサロンなどを通じて、仲間をつくり、一緒に作業すれば、やる気が低下したり、ダラダラすることを防ぐやすいです。

⑳シェアオフィス・コワーキングスペースを借りる

現在は、いろんな場所に移動しながら作業するこが多いので、固定のオフィスはもっていませんが、一時期コワーキングを借りていたことがあります。

自宅でどうしてもやる気がでない人は、コワーキングを検討してみても良いでしょう。

月1~3万くらいで借りれますし、まわりの人たちが真剣に作業しているので、良い刺激を受けやすいです。なにより快適に仕事ができますね。

また、そこでフリーランス仲間もできたりします。ぼくが借りていたコワーキングでは、仮眠できるスペースまであってので最高でしたね〜。

㉑酒を飲む

飲み過ぎ注意ですが、夜疲れている時などに、軽くお酒を飲むと、作業が乗ってくることもあったりします

ただし、失敗する可能性も高いです(笑)まぁそれでストレス発散になって、翌日の仕事に良い影響がでればよいかもですね!

そもそも論:モチベーション管理の発想自体がおかしい!byイケハヤ

ぼくなりの『やる気が出ない時の対処法』をまとめてみましたが、今回のテーマに関連する内容をイケダハヤトさんが、声ブログと呼ばれる Voicy で語っていたので紹介します。

モチベーション管理に関する、イケハヤさんの意見をまとめます。

「そもそも論として、“モチベーション管理” という発想が間違っている。今までモチベーション管理なんてしたことがない」

「モチベーション管理が不要なくらい、自分の好きなことや、続けられることをやるべき。例えば、テレビゲームにハマっていた時に、それについてモチベーション管理をしてましたか?」

「“ストレス耐性” ってゆう言葉も違和感。それって、ただの不感症じゃないですか。そもそもストレスがかからない仕事をするべき」

つまり、本当にやる気が出ないような仕事であれば、「そもそもこの仕事は、わたしに向いているのかな?」ということを確認した方がいいのかもしれません

なお、Voicy など、音声で著名人から学ぶ方法や、おすすめサービスについては【音声による学習方法】オーディオブック他おすすめサービス10選をご覧ください!

まとめ

今回は、やる気ができないことをきっかけに、自分と同じような人向けに記事を書いてみました。

なんでもコンテンツ化できるブロガーって最高ですね(笑)

冒頭にもお伝えしましたが、やる気の出し方は、人それぞれ違うので、ぼくの対処法を参考につつ、いろいろ試してみて、自分なりの方法を探ってみてください