[全文書き起こし]世界一貧しい大統領ホセムヒカ伝説のスピーチ
Pocket

こんにちは!ナッツ(@nutslog)です。

元ウルグアイ第40代大統領のホセ・ムヒカさんをご存知でしょうか?

自分の給与のほとんどを社会福祉に寄付していて、月10万程度の暮らしをしていたことから、“世界一貧しい大統領” としてメディアに取り上げられて有名になりました。

注目を浴びるきっかけとなったのが、2012年に各国の首脳が集まり、ブラジルで開催されたリオ会議での感動的なスピーチです。

 

ぼくは、偶然 TV でこのスピーチを知って衝撃を受けました。

その後も、ムヒカさんのインタビューや人物像をたくさん調べて、とても影響を受けました。

本質的なスピーチ内容は、現在の私たちの文明への疑問を投げかけていて、とても考えさせられます。ぜひ一度読んでみて下さい。

【1】《全文書き起こし》世界一貧しい大統領ホセムヒカ伝説のスピーチ

実際のスピーチ動画(字幕)

①私たちは「発展」ではなく「幸せ」になるために、地球上にやってきた

この場に出席されている世界各国の代表の皆さん。ありがとうございます。

お招きいただいたブラジル国民、そして大統領閣下に感謝します。
これまでに発言された全ての方々が表明された誠意にも大いに感謝いたします。

いち国家指導者として、貧しい人々のための取り決めづくりに仲間として共に参加することを表明いたします。

しかし、私たちにもいくつか声高らかに質問をすることをお許し願いたい。
今日の午後ずっと、私たちは「持続可能な発展」と「膨大な数の貧困者対策」を話し合ってきました。

けれど、私たちの本音は何でしょうか?
今の発展を続けることが本当に豊かなのでしょうか?

質問させてください。

もしドイツ人がひと家族ごとに持っているほどの車を、インド人もまた持つとしたら、この地球はどうなってしまうのでしょう?

私たちが呼吸できる酸素は残されるのでしょうか。

もっとはっきり言いましょう。

例えば、最も裕福な西側諸国と同じようなレベルで、70億、80億の人に消費と浪費が許されるとしたら、それを支えるだけの資源が今の世界にあるのでしょうか?

それは可能なのでしょうか?
それとも別の議論が必要ですか?

今のこの文明をつくったのは私たちです。
私たちは市場と競争社会から文明という落とし子を生み出し、物質面での驚異的な進歩をもたらしました。

そして市場経済は市場社会をつくりだし、それを世界規模に拡大してしまいました。
いわゆるグローバリズムです。

そのグローバリズムを、私たちはコントロールできていますか?
逆にコントロールされてはいないでしょうか?

こんな残酷な競争で成り立つ社会で、「みんなで世界を良くしていこう」なんて議論が、本当にできるのでしょうか?

私たちは本当に仲間なのですか?

私は今回の会議を否定するために言っているのではありません。
違います。逆です。

我々が今挑戦しようとする目の前の巨大な困難は、決して環境問題ではなく、明らかに政治の問題なのです。

人類は今消費社会をコントロールできていない。
逆に人類のほうがその強力な力に支配されているのです。

我々は、発展するためにこの地球上にやってきたのではありません。
幸せになるためにやってきたのです。

②行き過ぎた “消費主義” が地球を傷つけている。これは政治の問題

人生は短く、あっという間です。
しかし、その人生こそが何より価値あるものなのです。

余計なものを買うために、もっともっとと働いて人生をすり減らしているのは、消費が「社会のモーター」となっているからです。

なぜなら、消費が止まれば経済がマヒしてしまい、経済がマヒすれば不況というお化けが我々の前に姿を現します。

しかし、今この行き過ぎた消費主義こそが地球を傷つけ、さらなる消費を促しています

商品の寿命を縮め、できるだけ多く売ろうとする。

今の社会は、1000時間もつような電球はつくってはいけないのです。
本当は10万時間、20万時間ももつ電球はあるのに、そんなものはつくらない。

なぜなら我々は、もっと働き、もっと売るために、「使い捨て文明」を支える悪循環の中にいるからです。

これは政治問題です。

我々は、今までと違う文化のために闘い始めなければならない。

石器時代に戻ろうとは言っていません。
このまま、ずるずると消費主義に支配されるわけにはいかない。
私たちが消費主義をコントロールしなければならないと言っているのです。

ですから私は、これが政治問題だと言いました。
とても謙虚な思いからです。

③築きあげてきた高度文明の罠。発展は、幸せの邪魔をしてはならない。

かつての賢人たち。エピクロスやセネカ、そしてアイマラ人たちは次のように言っています。
貧しい人とは少ししかものを持っていない人ではなく、もっともっとといくらあっても満足しない人のことだ」と。

大切なのは “考え方” です。
だからこそ、みなさんと共にこの会議に参加し、国家指導者として皆さんと共に努力したいのです。

私の発言は、みなさんを怒らせるかもしれない。
しかし気づかなくてはいけません。

“水問題” や “環境の危機” がことの本質ではないということです。

見直すべきは我々が築いてきた文明の在り方であり、我々の生き方です。

なぜそう思うのか?

私は環境に恵まれた小さな国の代表です。
人口は300万人ほど、いや、もうちょっと320万人ほどしかいません。

けれど、世界で最もおいしい牛が1300万頭、また素晴らしい羊が800万〜1000万頭。
食べ物、乳製品、そして肉の輸出国です。
国土の90%が有効に使えるほど豊かな国なのです。

だからかつて私の仲間たちは8時間労働のために闘い、ついには6時間労働を勝ち取った人もいます。
しかし、そうなったら今度は仕事を2つ持つようになりました。

なぜか?たくさんの支払いがあるからです。
バイクやマイカーのローンを次から次へと支払っているうちに、私のようなリウマチ持ちの老人になって人生が終わってしまう。

そして自分に問いかけるのです。これが私の一生だったのかと。

私が言っているのは基本的なことです。

発展は幸せの邪魔をしてはならない。
発展は「人類の幸せ」「愛」「子育て」「友達を持つこと」
そして「必要最低限のもので満足する」ためにあるべきものなんです。

なぜなら、それらこそが、一番大事な宝物なのだから。
環境のために、闘うのなら一番大切なのは、人類の幸せであることを忘れてはなりません。

ありがとう。

【2】考察:消費=幸せではない。諸悪の根元は “資本主義” にあり

①スピーチの要点まとめ

スピーチが行われたリオ会議でも議題は「人間はどうしたら、これからも発展しながら地球環境を守っていけるのか?」でした。

そこに一石を投じたのムヒカ大統領だったのです。今回のスピーチをまとめます。

  • 「発展を続けることは、地球を滅亡させる」
  • 「そもそも “発展” = “幸せ” という発想が間違っている」
  • 「発展をしようとする背景には “消費主義” がある」
  • 「小手先で環境問題を議論した所で意味はない。なぜなら、問題の根元は “消費主義” であり、文明や考え方、政治の問題だからだ」
  • 「現代人は、支払いの為にあくせく働かなければならない。しかし、そのために本当に大切なモノを見失った」
  • 「本当に大切なモノとは、“愛” “子育て” “友達” など。あとは必要最低限で十分」
  • 「そのような考え方に正していかなければ、問題は解決されない」

②諸悪の根元は資本主義にあり

問題の根元である “消費社会” は、資本主義が生み出したモノです。

その資本主義が背景にある時点で、環境問題は解決できないのです。

なぜなら、資本主義のルール上「たくさん売れる(消費)」ことが最善だからです。

  • 長く使える電球を作らないで、すぐ切れる電球をつくる
  • 車はシェアではなく、使い捨てで、定期的に買ってもらう
  • 他で再利用できる資源があっても、リサイクルするよりも捨てた方がコストが安ければ、効率を重視して捨てる

上記のような現象は、資本主義だから起きるのです。

例えば、自動車メーカーは、たくさん売ることで会社が儲かるので、シェアリングなどをされたら困る訳です。みんなで1台よりも、ひとり1台買ってもらった方がいい訳です。

資本主義により、環境問題よりも、会社が利益を出すことが優先されるので、消費量が増えて、資源は減り、ゴミは増えて地球は汚染されていきます。

③消費を促された我々は、支払いに追われて本当の幸せを見失った

各社は、しのぎを削って、広告をだしまくり、営業しまくり、結果ぼくたちはどんどん消費します。

消費しまくった結果、それを支払う為に、働かなければならない時間もどんどん増えて、不自由になっていきます。

その結果、“恋愛” “友情” “家族” といったような、人類の普遍的な幸せを手放してしまっているのです。

だからこそ、最低限の大切なモノがあれば、あとは消費しない方が幸福度があがると言っているのですね。

④資本主義が限界にきている

そもそも「人間はどうしたら、これからも発展しながら地球環境を守っていけるのか?」という議題の前提に “発展をしながら” とある時点で、その背景には「資本主義」があるのです。

資本主義で力を持つ人は、金融のトップです。

会社は銀行から融資を受けて、その返却に追わせて銀行は会社をコントロールします。または、投資銀行などが出資によるコントロールも行います。

そして、地銀→大手銀行→世界銀行という風なピラミッド構造があり、そのトップが世界を動かす影響力をもつのです。

 

また、会社が上場したら、投資家(株主)に儲からせる為に、永遠に成長しなければならない運命となります。投資家は、利回りだけを気にしているからです。

でも、考えてみてください。

わたしたちの人口は有限なのに、例えば携帯電話業界で、docomo も au もソフトバンクも全社成長し続けるって普通に考えて無理ですよね?

これが資本主義の原理上、すべての業界で起こっているので、それに無理がきて、環境問題などの様々な問題が起こってしまったのです。

⑤消費量が減れば世の中はフラットな文明にもどる

いまの世界の権力者は、資本主義(金融)のトップです。

そして、ムヒカさんのような発言は、彼らにとって不都合になります。

なぜなら、消費量が減れば、会社が儲からなくなり、金融が儲からなくなり、彼らが儲からなくなるからです。

しかし、その分世界はフラットになります。

 

ひとりひとりの消費量が減れば、個人はそこまで働く必要がなくなり、今のような極端なお金持ちや極端な貧困者が減ります

シンプルに考えればわかると思いますが、自給自足に近い文明の時には、今のような格差は生まれないですよね?

⑥ひとりひとり意識改革するしかない

ぼくらの幸せは、モノやサービスを消費することではなく、

[aside type=”boader”]
  • 友達をもったり
  • 恋人をもったり
  • 家族をもったり[/aside]

することで生まれます。

そう考えると、消費は必要最低限で十分なのです。

「貧しい人とは少ししかものを持っていない人ではなく、もっともっとといくらあっても満足しない人のことだ」

つまり、足(たる)をしらず、永遠に満足できない人こそが、貧しい人なのです。

そのような意識が人々に芽生えれば、世界の問題は解決されていくのではないか、、、とぼくは思ってます。

まとめ

今回は自分がとても共感したムヒカさんのスピーチとともに、自分の考えを記事にしてみました。

「いろいろ言ってるけど、お前はどうなんだ!」

という声も聞こえてきそうですが、ぼくは極力消費しないように心がけています。

  • 無駄な消費はしないで、人とのつながりに時間もお金も使う
  • モノは所有せずに、なるべくシェアする

そのように考えが強まった結果、住んでいた家まで手放してしまいました(笑)

詳しくは、【断捨離】究極のミニマリストへ!家を持たない暮らしをしますをご覧ください。

 

考えてみたら、同じマンションに住んでいて、みんながみんな掃除機も洗濯機も車も…ひとり1台って変だと思いませんか?

24時間それらを使ってないなら、同じ住民同士シェアすればいいのにって。

でも、その方が資本主義的には都合がいいので、核家族化などはすべて、大きな権力が促した結果な気もしてます。。

ぼくもムヒカ元大統領のように、常識を疑い、本質的に物事を考えて、発信・行動していければと思います!